【告知】「Mytee Summit2017☆地球災害救助隊☆アラメヤ本舗企画展Vol.9 Art De Fukko」展に出展致します。【「ふきのとう物語」公演告知】

【告知】
来月8月の1日より横浜の「岩崎ミュージアム」にて開催されるグループ展
「Mytee Summit2017☆地球災害救助隊☆アラメヤ本舗企画展Vol.9 Art De Fukko」展に出展致します。
「Art De Fukko 展 Vol.8」フライヤー(表)

「Art De Fukko 展 Vol.8」フライヤー(裏)

テーマ:「和WA Happiness & Free」

【日時】2017年8月1日(火)~8月6日(日)
     9:40~17:30(※最終日は17:00よりART PARTYとなります)
【会場】岩崎ミュージアム
     横浜市中区山手町254(港の見える丘公園前)
    Tel.045-623-2111
【入館料】300円

※尚、期間中は以下のイベントが開催となります。
・ART PARTY
【日時】8月6日(日)
    17時~20時
【会場】岩崎ミュージアム
【入場料】1000円/ドリンク+軽食 ※高校生以下無料
※Junya&Makoによる津軽三味線とピアノのライブもございます。


・横濱伝人 Vol.5 きぬた歯科副医院長 西塚源氏を描く
【日時】8月6日(日)
    14:00~16:00
【参加費】大人 \500
     高校生以下無料    
    
皆様ゼヒともお越し下さいませ。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

それから宣伝です。
当方が公演チラシのイラストを描かせて頂いた劇団ふぁんハウスさんの「第32回公演「ふきのとう物語」」、港区の赤坂区民センターにて8月の10日(木)・11日(金)そして12日(土)に上演となります。
ふきのとう物語フライヤー(web掲載版・表)

ふきのとう物語フライヤー(web掲載版・裏)

劇団ふぁんハウス 第32回公演「ふきのとう物語」」

<公演日時>
2017年8月10日(木)~12日(土)
《開演時間》
10日(木)19時開演
11日(金・祝)14時開演
12日(土)14時開演
(受付開始は開演の1時間前です)
(開場は開演の30分前です)

<場所>
赤坂区民センター 区民ホール
東京都港区赤坂4-18-13  赤坂コミュニティーぷらざ内

東京メトロ 銀座線・丸の内線 赤坂見附駅 A出口 徒歩8分
東京メトロ 銀座線・半蔵門線・都営地下鉄大江戸線
青山一丁目駅 4番出口 徒歩10分

赤坂区民センター地図

<料金>
(前売・当日とも)
大人 … 3,000円
中学生以下 … 2,000円
【特別割引】
特割・大人 … 2,500円
特割・中学生 … 1,500円
特割・小学生 … 無料
(特割=港区在勤・在学・在住のかた、または障害者手帳をお持ちのかた)
※証明となるもの(免許証・保険証・社員証・障害者手帳等)をご持参ください。
※チケットは日時指定、全席自由席です。
※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。

(※公演の詳細ページより抜粋)

こちらの方も宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ : 作家活動
ジャンル : 学問・文化・芸術

【新作】夕暮れの報せ(I'll Never Know What Today's Sunset)【「ふきのとう物語」宣伝告知】

◆「夕暮れの報せ(I'll Never Know What Today's Sunset)」...
夜の手掛かり(仮)

「もしもあの箱舟の団地に暮らしていたなら
今日沈む太陽がどんな形をしていたか判るのかな。
空を四角く区切る建物の明かりや
昼間とは違う涼しげな風が、
もうすぐ日が暮れる時間であることを
地を這う我が身に教えてくれる。
程なく夜が押し寄せて来る。
家路を急ぐ人達の雑踏は
今日の夕日の姿や形を
気にも留めずにきっと
明日の朝日が昇った後の事を
考えているのだろう。」

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

A4(210×297)サイズ程に切り取った水彩紙に水彩絵の具・水彩色鉛筆・色鉛筆で描いたもの。
ただただ西武の451系(のような車両)を描きたいが為に描きました。
左上の惑星の箇所のみ、「昼間の月」のような「存在感はあるものの何処かぼんやりしている」感じを
出したいが為に、油彩の色鉛筆で描いております。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

前回に引き続き宣伝です。
当方が公演チラシのイラストを描かせて頂いた劇団ふぁんハウスさんの「第32回公演「ふきのとう物語」」、港区の赤坂区民センターにて8月の10日(木)・11日(金)そして12日(土)に上演となります。
ふきのとう物語フライヤー(web掲載版・表)

ふきのとう物語フライヤー(web掲載版・裏)

劇団ふぁんハウス 第32回公演「ふきのとう物語」」

<公演日時>
2017年8月10日(木)~12日(土)
《開演時間》
10日(木)19時開演
11日(金・祝)14時開演
12日(土)14時開演
(受付開始は開演の1時間前です)
(開場は開演の30分前です)

<場所>
赤坂区民センター 区民ホール
東京都港区赤坂4-18-13  赤坂コミュニティーぷらざ内

東京メトロ 銀座線・丸の内線 赤坂見附駅 A出口 徒歩8分
東京メトロ 銀座線・半蔵門線・都営地下鉄大江戸線
青山一丁目駅 4番出口 徒歩10分

赤坂区民センター地図

<料金>
(前売・当日とも)
大人 … 3,000円
中学生以下 … 2,000円
【特別割引】
特割・大人 … 2,500円
特割・中学生 … 1,500円
特割・小学生 … 無料
(特割=港区在勤・在学・在住のかた、または障害者手帳をお持ちのかた)
※証明となるもの(免許証・保険証・社員証・障害者手帳等)をご持参ください。
※チケットは日時指定、全席自由席です。
※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。

(※公演の詳細ページより抜粋)

皆様、ゼヒとも宜しくお願い致します。

テーマ : イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

【宣伝】劇団ふぁんハウスさん・「第32回公演 「ふきのとう物語」」公演告知【・チラシイラスト】

【宣伝】
8月の10日(木)・11日(金)そして12日(土)に港区の赤坂区民センターにて上演される事が決定しております劇団ふぁんハウスさんの「第32回公演「ふきのとう物語」」、その公演チラシのイラストを当方が描かせて頂きました。
ふきのとう物語フライヤー(web掲載版・表)

ふきのとう物語フライヤー(web掲載版・裏)

劇団ふぁんハウス 第32回公演「ふきのとう物語」」

<公演日時>
2017年8月10日(木)~12日(土)
《開演時間》
10日(木)19時開演
11日(金・祝)14時開演
12日(土)14時開演
(受付開始は開演の1時間前です)
(開場は開演の30分前です)

<場所>
赤坂区民センター 区民ホール
東京都港区赤坂4-18-13  赤坂コミュニティーぷらざ内

東京メトロ 銀座線・丸の内線 赤坂見附駅 A出口 徒歩8分
東京メトロ 銀座線・半蔵門線・都営地下鉄大江戸線
青山一丁目駅 4番出口 徒歩10分

赤坂区民センター地図

<料金>
(前売・当日とも)
大人 … 3,000円
中学生以下 … 2,000円
【特別割引】
特割・大人 … 2,500円
特割・中学生 … 1,500円
特割・小学生 … 無料
(特割=港区在勤・在学・在住のかた、または障害者手帳をお持ちのかた)
※証明となるもの(免許証・保険証・社員証・障害者手帳等)をご持参ください。
※チケットは日時指定、全席自由席です。
※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。

(※公演の詳細ページより抜粋)

皆様、ゼヒとも宜しくお願い致します。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

◆「舞台の後ろのその背後(Behind The Scenes)」
舞台の後ろのその背後(Behind The Scenes)

A3(297×420)のイラストボードに水彩絵の具・水彩色鉛筆で描いたもので、
描くに当たっては頂いた脚本を拝読させて頂いた上で、
中央の人形劇の舞台に劇中に登場する動物達の人形を、
その周りに登場人物(と動物の人形数体)を配しております。
全体的には、人形劇の舞台「そのもの」とその周りの人間模様とで
客席側から見て舞台が「内と外の二重に展開されているように見える」ような
レイアウトとしました。

テーマ : 作家活動
ジャンル : 学問・文化・芸術

【新作】取り残されしモノの始発駅(The End Of The Waiting Time)

◆「取り残されしモノの始発駅(The End Of The Waiting Time)」...
取り残されしモノの始発駅(The End Of The Waiting Time)

「ねぇ、ここでこうしていれば
君は僕の事を好きで居てくれるかな。
ここでずっと待っていれば
君は僕を嫌いにならないで居てくれるかな。
誰も居ない空間に長い年月そう問い続けたその間、
時間の波はその面影すら認識出来なくなる程に
遥か遠くに君を流していってしまったみたいだ。
すっかり取り残されたこの場所で
届きもしないメッセージを小瓶に詰めては流してみたり
噛み合わない歯車をどうにか合わせる事に
時間を費やしてきたけれども、
そろそろ僕も行かなくちゃ。
思い出と葛藤とが散乱したままの
スーツケースはそのままにして。」

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

完成後にA4(210×297)サイズ程に切り取った水彩紙に
水彩絵の具、水彩色鉛筆で描いたもの。
廃止になった新潟交通鉄道線の県庁前駅のようなターミナルを
描いてみたくなり、それに加えて
大分前に思いついていたもののお蔵入りにしていた構図や
描きたかったけれども中々組み合わせる機会のなかったモチーフ類を
組み合わせて描きました。

テーマ : イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

【新作】ネズミのイタリアン・レストラン(ristorante topo)【(扱い)】

◆「ネズミのイタリアン・レストラン(ristorante topo)」...
ネズミのイタリアン・レストラン(ristorante topo)

ケント紙を(完成後)A5(148×210)サイズに切り取ったものに水彩絵の具・水彩色鉛筆で描いたもの。
実際のネズミはあまりチーズを好まないそうですが。
比較的作品規模が小さい上に日頃あまり描かないようなタイプのイラストではありますが、特に「習作」のつもりで描いた...と言う訳でもない為、「作品」扱いとしております。


テーマ : イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

K-OZAWA

Author:K-OZAWA
・手描きによる都市や鉄道のイラストを描いています。
http://colourtrash.jimdo.com/







最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード