FC2ブログ

【宣伝】「PLUS+」さんに置いて頂いているポストカードのラインナップを11月09日に変更致しました。

【宣伝】
PLUS+20191109

横浜・関内のダイニングカフェ「PLUS+」さんにて
置いて頂いておりますポストカード(・ミニマグネット)、
昨日11月09日(土)にラインナップを変更致しました。

今回は先日の「神楽坂アートスクエア」にて展示した
Joy To The World 2019」を含めた
クリスマスの絵柄のポストカードを中心に揃えた他、
ご好評を頂いております
ミニマグネットも
(今現在ネット上にアップしていない作品1点の絵柄を含めた)
8種類を置かせて頂きました。

【場所】
cafe/dining「PLUS+」
HP:http://www.cafedining-plus.com/
〒231-0048
横浜市中区蓬莱町3-107-1
モナーク関内大通り公園前1F
TEL:045-242-2201

【営業時間】
月~金:10:00~0:00
土 :9:00~1:00
祝日 :9:00~23:00

日曜 :通常営業とは異なる特別企画「八海の台所」として営業

※「PLUS」さんのHPより抜粋
尚、「PLUS」さんのInstagramからでも確認が出来ます。


話題の新スポットや
これからの季節のクリスマスイルミネーション巡り等、
横浜への観光・散策の際には
皆様、ゼヒともお立ち寄り下さいませ。
スポンサーサイト



テーマ : 作家活動
ジャンル : 学問・文化・芸術

【新作(「神楽坂アートスクエア」展示作品)】Joy To The World 2019【「神楽坂アートスクエア」有難うございました】

◆「Joy To The World 2019」...
Joy To The World 2019
※HP上の掲載ページはこちら

「雪が降り始めたら
時代に取り残されたこの地域にも
クリスマスがやって来る。
窓の向こうに姿を見せる氷の城の
女王様はさぞかし不愉快である事と思うけど、
雪の降りしきる街に繰り出した人々は皆
街中や家々を飾りつけたり
買い物をしたりカフェで過ごしたり、
凍り付いた池の上でスケートをしたり
正反対の季節の場所への入り口を見つけて
そこで過ごしたり―
いつものように今年も誰もが
思い思いにクリスマスを楽しんでいるのさ。」

(羨ましいのなら女王様も
一緒になって楽しめばいいのに)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

今年のクリスマスイラスト。
B4(257×364)サイズ程に完成後に切り取った水彩紙に描いたもので、
「神楽坂アートスクエア」の展示の為に描いたもの。
この数年、A2(420×594)サイズの大規模なクリスマスイラストを描いてきましたが、
今年は「神楽坂アートスクエア」での
パネルでの複数枚による展示を考えていた事から、
B4(257×364)サイズの比較的小規模なものとなりました。
絵の内容も当初は「シンプルなクリスマスイラストにする」つもりでおりましたが、
当初の予定よりも大幅に賑やかなものに仕上がったと思います。(苦笑)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

告知20191026

開催より一週間以上過ぎてしまいましたが、
10月の27日(日)に開催されました「神楽坂アートスクエア」が
無事に終了致しました。
お越し下さいました沢山の皆様、誠に有難うございました。
当初は天気があまり芳しくない、との
予報も出ておりましたが、
当日は天候にも大いに恵まれて、
毘沙門天の境内は終日、多くの方で賑わっておりました。

神楽坂アートスクエア2019-1

神楽坂アートスクエア2019-2

神楽坂アートスクエア2019-3

これまで当方は
イーゼルに大きな絵を1枚展示する形にしておりましたが、
今年はパネルに複数の絵を展示する...と言う形にしました。

所で、「神楽坂アートスクエア」は、
「ご来場の皆様には、その中で一番気に入ったアーティストに投票して頂」く形の
アートイベントとなっているのですけど、
(「」内はHP内より抜粋)
今年は集計方法を変更したとの事で、
こちら↓の「投票箱」の上の
番号が振られた「チンアナゴ」の口の中に、
来場者の方に配布されたビー玉を入れて
投票する形になっておりました。

神楽坂アートスクエア2019-4

この日は当方は「4番」の番号となっておりましたので、
(当方に投票して頂く場合は)4番の番号の付いた
チンアナゴの口の中にビー玉を
入れて頂く...と言う事になります。

神楽坂アートスクエア2019-5

ちなみに、「神楽坂アートスクエア」の開催終了後に
「最終結果」が発表されたのですが、
当方は最多投票数...とまではいかなかったものの、
多くの方から投票を頂いておりました。
投票して下さった皆様、誠に有難うございました。


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

有難うございました20191106

10月27日(日)に毘沙門天境内にて開催されました「神楽坂アートスクエア」...
お越し下さった沢山の皆様に投票して下さった皆様、参加者の皆様、
そして開催の為に尽力して下さった多くの皆様...

有難うございました。

この場にてお礼を申し上げます。


またいつか、皆様のお目に掛かる事を楽しみにしております。

テーマ : イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

【告知】「神楽坂アートスクエア2019」、明日10月27日(日)の開催です。

【告知】
いよいよ明日10月27日(日)に神楽坂 毘沙門天善國寺境内にて「神楽坂アートスクエア」、
開催となります。
告知20191026

「神楽坂アートスクエア」

【日時】
2019年10月27日(日)
10:00~16:00

【場所】
神楽坂 毘沙門天善國寺境内
※参加費は無料です。
※雨天、強風時は中止となります。

毘沙門天 地図
「ご来場の皆様には、その中で一番気に入ったアーティストに投票して頂」く形の
アートイベントとなっております。
(「」内はHP内より抜粋)


今年は大きいサイズの絵をイーゼルに展示する、と言う例年の
展示方法では無く、(複数のA4・B4サイズ程の)絵をパネルに展示する形で考えております。
また、ポストカードやミニマグネットの販売等も行う予定です。

皆様、ゼヒともお越し下さいませ。

テーマ : 作家活動
ジャンル : 学問・文化・芸術

【告知】「神楽坂アートスクエア2019」に参加致します。

【告知】
10月の27日(日)に「神楽坂まち飛びフェスタ」の一環として神楽坂 毘沙門天善國寺境内にて開催される「神楽坂アートスクエア」に参加致します。
神楽坂まち飛びフェスタ2019

「神楽坂アートスクエア」

【日時】
2019年10月27日(日)
10:00~16:00

【場所】
神楽坂 毘沙門天善國寺境内
※参加費は無料です。
※雨天、強風時は中止となります。

毘沙門天 地図
「ご来場の皆様には、その中で一番気に入ったアーティストに投票して頂」く形になっております。(「」内は下記告知記事より抜粋)

神楽坂アートスクエア告知

「神楽坂アートスクエア」以外にも、「神楽坂まち飛びフェスタ」開催期間内は様々な催しが開催されるとの事です
(詳細はHPをご参照下さい)
皆様、ゼヒともお越し下さいませ。


そして10月12日の台風19号、各地に大きな被害を齎した上に
17日の時点に於いても被害の全容が把握出来ていない状態です...。
今回の台風で亡くなられた方のご冥福をお祈り致します...。
自然の恐ろしさと言うものを改めて思い知る次第ですが、
そろそろ自分達の「社会」や「生活」と言うものを本当に
考え直さなければいけない時期に来ているのではないか、と
感じております。

テーマ : 作家活動
ジャンル : 学問・文化・芸術

【新作】土台なき灯台が描く夏の終わりの海図(Sea Map Written By The Foundationless Lighthouse)

◆「土台なき灯台が描く夏の終わりの海図(Sea Map Written By The Foundationless Lighthouse)」
土台なき灯台が描く夏の終わりの海図
※HP上の掲載ページはこちら

「今年の夏に
何かしらの未練を
残しているかのように
ヒマワリが
立派な花を咲かせているけど、
向こうの団地の屋上では
棟毎に秋の花を飾って
季節の変わり目を
演出し始めている。
そろそろ鳥籠から
あの有翼船は
外に出す頃合なのではないか。
傷ついていた翼も
すっかり治ったようだから。

土台の替わりにペン先の付いた
灯台に海図を描いて貰っている所さ。
安物のインクはただでさえ紙が滲むのに
バランスをどうにか保ちつつも
ふらつきながら描いているものだから
正直、とても見られるような
代物ではないけれど
それでも―
巷に溢れる
情報と言う名の不協和音、
正確な羅針盤を持たない僕ら、
絶えず流されてくる
口先だけの言葉のために
あちらこちらにふらふらしている。
真実や本当に大切な事は
深海の奥底に沈めて
大きな嘘ばかりが
泡のように浮かんでは消える
大海原の上で
大いに役に立てるのさ。

ロケット形のタイムマシンで
ひとっ飛びして
あの頃に戻りたいだなんて
何度も言うけど
これっぽっちも思ってはいないさ。
お互いがお互いを
信じる事の出来た時代に
戻ったとしても
ほんのちょっとの嘘や欺瞞を見抜いただけで
打ちのめされた気持ちになりそうだから。

もしも良かったら何処が
獣道の入り口なのかも
詳しく海図に記して欲しいな。
好奇心と悪戯心が疼いたりしない限りは
きっと立ち入ったりはしないであろうからさ。
模範的な優等生になるつもりも
聖人君主ぶったりする気も一切無いけど、
悪の帝王を気取るのには
何度も痛い目に遭っているからね。」

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

完成後にA4(210×297)サイズ程に切り取った水彩紙に
水彩絵の具、水彩色鉛筆で描いたもの。
この絵は実は元々は描いている途中で動きが停まっていた
別の絵を大幅にリメイクしたもので、
元の絵と言うのは「自分への戒め」と言うようなテーマで描いていたのですが、
テーマがテーマの為(苦笑)、画面全体も暗く、
折に触れては少し進めたりはしていたものの、
一向に制作を進める気にならずに
半ば放棄状態になっていたのですが、
ふと夏の終わりのニュータウン風景と
「土台がペン先になっている翼の生えた灯台」を
組み合わせた絵を描こうかと
思い立ち、それならこの描きかけの絵の構図を
利用しようか...と言う事になりました。
やはり色鮮やかな絵を描く方が自分にとっては
「筆を進めやすい」のかも知れません。
「土台なき灯台~」の元の絵(描き途中)
↑これが描き直す直前の元の(描きかけの)絵ですが、
どの辺りが変わったのか(塗り潰されたのか)、
見較べてみるのも(自分で言うのも何ですが)面白いのかも知れません。

テーマ : イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

K-OZAWA

Author:K-OZAWA
・手描きによる都市や鉄道のイラストを描いています。
http://colourtrash.jimdo.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード