FC2ブログ

【新作】産業列車が運ぶ色彩の欠片(Piece Of CTW's Industry)【「PLUS+」さんに置いて頂いているポストカードの絵柄が変更となりました】【「夢めぐり in板橋」観に行って来ました】

◆「産業列車が運ぶ色彩の欠片(Piece Of CTW's Industry)」...
産業列車が運ぶ色彩の欠片(Pieces Of CTW's Industry)
※HP上での作品ページはこちら

「C.T.W.(Colour-Trash World)内の
大抵の街に少なくとも
必ず1つは存在している
色彩処理工場、
そこで抽出された色彩の欠片を
隣町にある色彩加工工場へ運搬する
専用列車の運行が
優先される路線は少なくないが、
この路線もその一つだ。

これから
抽出されたばかりの
色彩を運ぶ列車が
抽出した色のカタログと
請求書を載せた
煙を吐きながら
近隣の加工工場へと向かう所だ。
車内からは「発車まで暫くお待ち下さい」と
告げる車掌の声が聞こえて来る。

色彩を抽出することが出来るのは
形のあるものだけではない。
運ばれている色彩群の中には
記憶の奥から抽出した色も
含まれている。

甘い恋の記憶の色に
悲しい愛の記憶の色-

今回は滅多にお目に掛かる事の
出来ない類の色も含まれているから
きっと高値で買い取ってくれるぞ、と
工場長は得意気に語っていた。」

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

完成後A4(210×297)サイズ程に切り取った水彩紙に
水彩絵の具、水彩色鉛筆で描いたもの。

元々は「手前の壁の前には列車が走り
奥の壁の向こうには巨大魚が覗いている」
...と言うレイアウトを考えていたのですけど、
その中に「専用鉄道」を描いてみたくなり、
さらにはかねてから描きたいと思っていた
「C.T.W.(Colour-Trash World」の
「産業風景」的な要素も加えました。
尚、「産業列車」を牽引する蒸気機関車は
何度か描いている「0号機」や「12号機」等の
一連の機関車とは同型機ですが、
「C.T.R.(Colour-Trash)」所属ではなく
「色彩処理工場」の所有となっております。

ちなみに、「色彩を抽出~」云々に関しては、
対象(画像や物、記憶等)から
Illustrationの「スポイト」機能のように
色を取り出して(コピーして)それを
カラーチップ(のようなもの)に
している...と思って頂ければ
判り易い(?)かも知れません。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

一週間以上が経ってしまいましたが、
1月5日(土)に上演が行われました
劇団ふぁんハウスさんの
「劇団ふぁんハウス 創立20周年記念第35回公演 『夢めぐり in板橋』」を観に
「板橋区立文化会館」へ足を運んで来ました。

「第35回公演 夢めぐり in 板橋」看板

所で、「板橋区立文化会館」へは自分は
東武線の大山駅を利用していたのですけど、
今回は都営三田線の「板橋区役所前」駅を
降りてみました。
↓の信号を左に曲がった先に
「板橋区立文化会館」の入口があります。

左を曲がれば「板橋区立文化会館」

昨年8月の上演時と同様、
舞台上に設えられた居間のセットを中心にして
物語が進行するのですけど、
その時とは数名程、役者さんに変更があった他、
演出の若干の違いや、
バイオリン奏者の方による演奏が
加わっておりました。

「第35回公演 夢めぐり in 板橋」舞台挨拶

「笑い」あり「涙」ありの、
2時間があっと言う間に感じる舞台でしたが、
主人公のお母さんが手渡す場面などの
「お守り」を巡る場面等の
細かな仕草には
感情を揺さぶられたりもしました。
(実際にその場面ですすり泣く
観客も周囲で見受けられました)

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

【宣伝】
ビーフカレーと

横浜・関内のダイニングカフェ「PLUS+」さんにて
置いて頂いておりますポストカードの
ラインナップを変更致しました。
今回はバレンタインの絵柄2種や
春の時期の季節をあしらった絵柄のものや、
上の記事でも掲載している
「産業列車が運ぶ色彩の欠片(Piece Of CTW's Industry)」の
絵柄のポストカードも置いて頂いております。

PLUS+外観

昨年リニューアルをしたお店は、
白を基調とした外装に
特徴的なネオンサインが加わりました。
大通り公園が目の前としたロケーション、
伊勢佐木町からも程近いお店ですので
皆様、ゼヒともお越し下さいませ。

【場所】
cafe/dining「PLUS+」
HP:http://www.cafedining-plus.com/
〒231-0048
横浜市中区蓬莱町3-107-1
モナーク関内大通り公園前1F
TEL:045-242-2201
【営業時間】
月~金:10:00~0:00
土 :9:00~1:00
祝日 :9:00~23:00
日曜 :通常営業とは異なる特別企画「八海の台所」として営業

※「PLUS」さんのHPより抜粋

尚、1月14日から17日まで
お店の内装工事の為に営業時間が
変更になるとの事ですので、
HPInstagram等でご確認下さいませ。
スポンサーサイト

テーマ : イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

正月模様2019

2019年年賀状画像

皆様、新年明けましておめでとうございます。
2019年も年賀状イラストからスタート致します。
本年も宜しくお願い致します。


正月模様2019

元旦には必ず初詣に行く近所の神社、
ここ数年は鳥居の外にまで人が並ぶ程
混雑しているのですが、
今年は例年よりも早い時間に行きましたので、
並ぶ事なくお参りする事が出来ました。

今年は、これまでと違う事を始めたり、
中途半端なまま終わっていたような事を
改めて学び直したり....等、
絵の事や絵以外の事も含め
様々な事にチャレンジする年にしたいと思っております。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

【宣伝】
当方が公演チラシの絵を描かせて頂いた劇団ふぁんハウスさんの舞台「夢めぐり」、
今週5日(土)に板橋区の「板橋区立文化会館」にて再演決定となっております。
夢めぐりin板橋(表)

夢めぐりin板橋(裏)


劇団ふぁんハウス 創立20周年記念第35回公演 『夢めぐり in板橋』

≪ 日時 ≫
2019年1月5日(土) 15時開演
(受付開始は開演の1時間前です)
(開場は開演の45分前です)

≪ 場所 ≫
板橋区立文化会館 小ホール
東京都板橋区大山東町51-1
板橋区立文化会館への行き方

東武東上線大山駅 徒歩5分
都営地下鉄三田線板橋区役所前駅 徒歩10分
※駐車場はございません。

≪ 料金 ≫ 
(前売・当日とも)
大人 … 3,000円
中学生以下 … 2,000円
特別割引( 障害者手帳等をお持ちのかた) … 2,500円
※証明となるものをご持参ください。

※チケットは日時指定、全席自由席です。
※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。

※上記の情報はふぁんハウスさんの詳細ページより抜粋致しました。


皆様、宜しくお願い致します。


テーマ : 日記
ジャンル : 学問・文化・芸術

【未発表作品】ささやかな空間に招かれざるものたち(Uninvited Party)【2018年最後のごあいさつ】

Take A Ride

と言う訳で、泣いても笑っても2018年も残す所あと10時間30分となりました。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

◆「ささやかな空間に招かれざるものたち(Uninvited Party)」...
ささやかな空間に招かれざるモノたち(仮)(アップ用)
※HP上での作品ページはこちら

「ささやかな空間に並んだ
ティーポットにティーカップ、
レースのカーテンを揺らす
そよ風に乗って流れて来る
ピアニストの紡ぐ旋律。
ささやかながら全てが完璧なこの空間、
机の上の差し出されていない1通の招待状は
一体誰宛のものなのだろう。

少なくとも、招待状の送り主が
本当に招待したいのは
たまたま通り掛っただけの僕ではなく
ここには居ない他の誰かだと言う事は
重々承知はしているつもりさ。

楽しそうだから
そのまま少し長居させて貰ったけど、
何れにしても信号が青に変わったら
僕もここを離れるつもりさ。
招待主が本当に招待したがっていた
客人がこの場に来るのかどうかを最後まで
見届ける事が出来ない事を
少しだけ心残りに感じながら。」

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

今回は【新作】と言う形では無く【未発表作品】と言う形にて失礼致します。
A4(210×297)サイズ程に完成後切り取った水彩紙に水彩絵の具、水彩色鉛筆で描いたもので、
実は今年の5月か6月頃に描いたものだったのですが、
アップするタイミングを逃して結局、
この機会にて掲載する事となりました。
その為、列車の塗装も「変更前」のものとなっております。

Joe Barbieriと言うアーティストの音楽を聴いていた時に
「西武多摩川線のような風景の中を走る
17m級の旧型国電や西武311系のような車両」が
走る風景が思い浮かんだ...と言うのがきっかけでした。


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

【宣伝】
当方が公演チラシの絵を描かせて頂いた劇団ふぁんハウスさんの舞台「夢めぐり」、
今年(2018年)の8月の港区での上演が大好評との事で、
年明けの2019年1月に板橋区の「板橋区立文化会館」にて再演が決定となりました。
夢めぐりin板橋(表)

夢めぐりin板橋(裏)


劇団ふぁんハウス 創立20周年記念第35回公演 『夢めぐり in板橋』

≪ 日時 ≫
2019年1月5日(土) 15時開演
(受付開始は開演の1時間前です)
(開場は開演の45分前です)

≪ 場所 ≫
板橋区立文化会館 小ホール
東京都板橋区大山東町51-1
板橋区立文化会館への行き方

東武東上線大山駅 徒歩5分
都営地下鉄三田線板橋区役所前駅 徒歩10分
※駐車場はございません。

≪ 料金 ≫ 
(前売・当日とも)
大人 … 3,000円
中学生以下 … 2,000円
特別割引( 障害者手帳等をお持ちのかた) … 2,500円
※証明となるものをご持参ください。

※チケットは日時指定、全席自由席です。
※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。

※上記の情報はふぁんハウスさんの詳細ページより抜粋致しました。


皆様、宜しくお願い致します。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

さて、最後になりますが、
今年2018年は皆様にとりましてどのような年となりましたでしょうか。
自分の周りでは、親戚やお世話になっていた方が亡くなられたり、
自分の家族にも入院や大きな変化が相次いでいた年でした。
また、自分自身が思うように動く事の出来ない事が多かった
ように感じる一年でもありました。

大きな災害が相次いだ2018年、
来年は穏やかな世の中になればいいな、と思っております。
2018 Best Nine
(※当方のinstagramより)

最後に。
今年一年間、お世話になった皆様...

有難うございました。

この場にて御礼を申し上げます。
来年も皆様のお目に掛かる事を楽しみにしております。

テーマ : イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

今年(2018年)のクリスマス・ディスプレイ&イルミネーション撮り歩き画像集

早いもので今年2018年もクリスマスの季節となりました。
毎年、この季節に当ブログでは
街を彩るクリスマスのイルミネーション・ディスプレイの画像を掲載してきましたが、
今年も撮影した画像をこの場にて掲載致します。
(当方のInstagram上では既に何点か掲載しております)

尚、昨年同様、個人店舗等のディスプレイ・イルミネーションは割愛しておりますので、
ご了承下さい。


◆横浜
2018クリスマス-横浜1

2018クリスマス-横浜2

2018クリスマス-横浜3

◆渋谷:
2018クリスマス-渋谷1

2018クリスマス-渋谷2

2018クリスマス-渋谷3

2018クリスマス-渋谷4

◆丸の内:
2018クリスマス-丸の内1

2018クリスマス-丸の内5

2018クリスマス-丸の内5

2018クリスマス-丸の内7

2018クリスマス-丸の内2

2018クリスマス-丸の内3

2018クリスマス-丸の内4

◆品川:
2018クリスマス-品川

◆お台場:
2018クリスマス-お台場

◆新宿:
2018クリスマス-新宿1

2018クリスマス-新宿2

2018クリスマス-新宿3

◆銀座:
2018クリスマス-銀座1

2018クリスマス-銀座2


◆有楽町~日比谷:
2018クリスマス-有楽町

2018クリスマス-日比谷1

2018クリスマス-日比谷2

2018クリスマス-日比谷3

2018クリスマス-日比谷4

◆新橋~汐留:
2018クリスマス-新橋汐留1

2018クリスマス-日比谷5

2018クリスマス-新橋汐留2

2018クリスマス-新橋汐留3

2018クリスマス-新橋汐留5

2018クリスマス-新橋汐留6

2018クリスマス-新橋汐留7

2018クリスマス-新橋汐留4

◆飯田橋:
2018クリスマス-飯田橋1

2018クリスマス-飯田橋2

2018クリスマス-飯田橋3

2018クリスマス-飯田橋

◆神保町:
2018クリスマス-神保町1

2018クリスマス-神保町2

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

【宣伝】
当方が公演チラシの絵を描かせて頂いた劇団ふぁんハウスさんの舞台「夢めぐり」、
今年(2018年)の8月の港区での上演が大好評との事で、
年明けの2019年1月に板橋区の「板橋区立文化会館」にて再演が決定となりました。
夢めぐりin板橋(表)

夢めぐりin板橋(裏)


劇団ふぁんハウス 創立20周年記念第35回公演 『夢めぐり in板橋』

≪ 日時 ≫
2019年1月5日(土) 15時開演
(受付開始は開演の1時間前です)
(開場は開演の45分前です)

≪ 場所 ≫
板橋区立文化会館 小ホール
東京都板橋区大山東町51-1
板橋区立文化会館

東武東上線大山駅 徒歩5分
都営地下鉄三田線板橋区役所前駅 徒歩10分
※駐車場はございません。

≪ 料金 ≫ 
(前売・当日とも)
大人 … 3,000円
中学生以下 … 2,000円
特別割引( 障害者手帳等をお持ちのかた) … 2,500円
※証明となるものをご持参ください。

※チケットは日時指定、全席自由席です。
※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。

※上記の情報はふぁんハウスさんの詳細ページより抜粋致しました。

皆様、宜しくお願い致します。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

◆市ヶ谷
2018クリスマス-市ヶ谷

皆様、素敵なクリスマスをお過ごし下さいませ。

テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

【新作】終点、起点、そして通過地点(The One's End,And Another One's Beginning)

◆「終点、起点、そして通過地点(The One's End,And Another One's Beginning)」...
終点、起点、そして通過地点(The One's End,And Another One's Beginning)
※HP上の作品ページはこちら

「乗客達にとっては
線路の途切れたこの場所は終点。
その先の白と黒だけの大地へ向かう
旅人達にとってはこの場所は起点。
尤も、ホームから直接繋がる
青い絨毯の上の船着場から
舟に乗る旅人達にとってここは結局、
ただの通過地点に過ぎないのだろう。

今日も白と黒の大地の
波のようなうねりが
額縁の向こうから
押し寄せては引いている。
その先に何があるのかも
どのような事が起こるのかも
判らない。

時計も羅針盤も当てにはならない。
既存の地図や海図を信用する事は
色彩の抜け落ちた街の頂点で
ふんぞり返って飲むワインを
美味しいと宣う人物の
言葉と味覚を鵜呑みにするようなものさ。

だけど、
この先にどのような事が起ころうとも、
信頼出来る自分自身或いは
一緒に往くと決めた誰かが居れば
きっと大丈夫さ。

この場所を通り過ぎて行く
旅人達の背中に向けて
言葉にならないエールと祈りを
送りながら。」

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

ケント紙に水彩絵の具、水彩色鉛筆で描いたもので、
完成後B4(257×364)サイズ程に切り取ったもの。

ちなみに、右の二編成の列車が停まっている側線は
隣の駅を始発着する列車の引き上げ線(のようなもの)で、
この駅は「隣にある主要駅から船着場までの輸送に特化した
区間の(南海の「和歌山港駅」と同じような役割の)駅」
...と言う設定で描いております。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

【宣伝】
当方が公演チラシの絵を描かせて頂いた劇団ふぁんハウスさんの舞台「夢めぐり」、
今年(2018年)の8月の港区での上演が大好評との事で、
年明けの2019年1月に板橋区の「板橋区立文化会館」にて再演が決定となりました。
夢めぐりin板橋(表)

夢めぐりin板橋(裏)


劇団ふぁんハウス 創立20周年記念第35回公演 『夢めぐり in板橋』

≪ 日時 ≫
2019年1月5日(土) 15時開演
(受付開始は開演の1時間前です)
(開場は開演の45分前です)

≪ 場所 ≫
板橋区立文化会館 小ホール
東京都板橋区大山東町51-1
板橋区立文化会館

東武東上線大山駅 徒歩5分
都営地下鉄三田線板橋区役所前駅 徒歩10分
※駐車場はございません。

≪ 料金 ≫ 
(前売・当日とも)
大人 … 3,000円
中学生以下 … 2,000円
特別割引( 障害者手帳等をお持ちのかた) … 2,500円
※証明となるものをご持参ください。

※チケットは日時指定、全席自由席です。
※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。

※上記の情報はふぁんハウスさんの詳細ページより抜粋致しました。


皆様、宜しくお願い致します。

テーマ : イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

K-OZAWA

Author:K-OZAWA
・手描きによる都市や鉄道のイラストを描いています。
http://colourtrash.jimdo.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード